本文へスキップ

東京創研はマクロ分析・マーケティングリサーチに基づく未来予測・市場分析を専門に20年の実績で業界をリードするコンサルティング企業です。

TEL. 03-5250-9271

〒104-0061 東京都中央区銀座1-24-1

事業内容SERVICE&PRODUCTS

受託業務

東京創研は受託調査を中心に活動し、企業様の事業戦略・事業開発・技術開発・製品開発・地域開発・各種事業戦略立案の支援を行っております。特に企業様の調査研究や戦略立案検討に際して「新しい切り口」のデータ提供を行うことに特徴があります。
 ○○○○○○○○イメージ

リサーチ

未来予測・マクロ分析・新事業や新技術の有望性・市場性の調査、特定市場や業界動向の調査、消費者調査などを行い、事業戦略立案に資する調査研究データを提供します。


○○○○○○○○イメージ


コンサルティング

経営戦略や事業戦略策定、新規事業開発、業務向上に資する基礎データ・ご提案を未来予測に基づいてご提供します。


「未来予測」手法をベースとした新しいマーケティング調査

当社の自主企画レポート「未来予測」シリーズは多くの企業様からご好評を頂いておりますが、企業様が、「未来予測」を事業戦略に結びつけるには、それぞれの企業様のターゲット領域や戦略ポジションによって再整理・深掘りすることが必要になります。「未来予測」で見出されるトレンドの影響度は企業様によって大きく異なるからです。
影響度の評価は専門家の集合では限界があります。幅広く、同じ目線で因子を評価できないからです。同じように自社内だけの人材では知らず知らずのうちに偏った結果になってしまいかねません。
「未来予測」の因子に幅広いデータインプットと豊富な分析経験が活かされる弊社を試してみませんか。

 パターンA:未来予測からバックキャストした自社事業領域
  未来予測データを貴社のターゲット領域に再整理するとともに、補強データの収集整理を行い、影響度の評価を行う定番の調査です。
マクロトレンドが及ぼす影響は、自社の事業分野やターゲット分野によって異なります。従って、重視すべき、あるいは補強すべき未来トレンドデータはそれぞれの企業で異なります。
こうしたトレンドデータは各企業に200〜300程度はあるのが一般的です。重要なのは、マクロトレンドデータのうち、自社に本質的な変化をもたらすトレンドは何かを見極めることです。この時、自社内の検討では得られない着目点を提供するのが、東京創研の特徴です。
 パターンB:ライフスタイルのマクロトレンド調査
  ライフスタイルの構造的な変化を東京創研独自の枠組みと調査手法でリサーチするB2C企業向けの調査です。
ライフスタイルの動向は、目まぐるしく変わる流行に目を奪われがちですが、ライフスタイルでもマクロトレンドは確実に市場を規定しています。
ライフスタイル関連の主要な調査指標をクロスして分析することによって、市場の大きなトレンドを明示します。
 パターンC:「デマンドマッピング法」による画期的イノベーションのマーケティング
  どのようなイノベーションや事業アイデアもデマンドに合致しなければ成り立ちません。しかし従来のユーザー調査等のマーケティングリサーチの手法では、画期的なイノベーションを評価・発見する手法はありません。つまり、現在のユーザーを見ていてもイノベーションは起こせません。
「デマンドマッピング法」は、ニーズ・デマンドを定型的にマッピングし、需要評価の見える化を行うとともに、未来予測の手法や供給分析(市場分析)データを用いて、ニーズ強度や供給のインパクトの評価根拠を提供します。
本質的ニーズや需要が見える化することで、改善型の開発では発見できない新しいアイデアが導出されます。
特に、この手法は新技術開発が見込まれることやビジネスモデル基盤(普及)が整って、供給の手段が拡張されつつある領域に適しています。



自主企画

  

東京創研が注目するトレンドに焦点を当てて企画立案し、レポートや資料の作成を行います。

マルチクライアント調査

注目すべきトレンドをテーマに専門の研究員が企画し、企画に賛同して頂いたお客様のニーズに合わせて調査項目の設計を行い、調査研究します。


○○○○○○○○イメージ

自主企画レポート

事業計画立案に際しての基礎情報として必要な注目トレンドやデータを網羅的に整理し、10年スパンの未来予測指標と仮説を載せた『未来予測』などを発刊しています。


バナースペース

株式会社東京創研

〒104-0061
東京都中央区銀座1-24-1
銀一パークビル6階

TEL 03-5250-9271