本文へスキップ

東京創研はマクロ分析・マーケティングリサーチに基づく未来予測・市場分析を専門に20年の実績で業界をリードするコンサルティング企業です。

TEL. 03-5250-9271

〒104-0061 東京都中央区銀座1-24-1

未来予測シリーズCONCEPT

未来予測2016/2026

発行日:2016年4月8日
体裁:A4横版367頁 全カラー
価格:本体のみ 216,000円(税込) CD-ROM付 248,400円(税込) ※CD-ROMのみの販売は致しません。


CEO

 未来社会の変化は数多くの因子が複雑に作用して起こります。これを読み解くには、強く作用するトレンドを評価し、作用のメカニズムを理解する必要があります。本書における社会全体の予測では、トレンドを階層的に3区分し、「需要の論理」と「供給の論理」によって分析しています。

 一方、未来予測を実践的に活用するには、予測の利用者ごとの(企業にとっての)重要度によって、再編集する必要があります。本書では、予測者が必要とする基本的なトレンドデータとその着目点を数多く収録しており、社会全体の変化の構図と合わせて、実践的にお使いになれるように編集しています。

  • 公益財団法人未来工学研究所(シンクタンクランキング科学技術部門世界第5位)が監修
  • 確度の高いトレンドデータを抽出し、その注目点をグラフィカルに表現
  • 有望市場規模予測、有望技術の実現時期・社会実装時期の予測を含む独自データを収録
  • 未来の社会の変化を構造的に捉え、需要の論理から導かれるビジネスの変化を提示
 

【監修】公益財団法人 未来工学研究所 理事長 平澤 泠
【編集委員】
 原 陽一郎
 鳥海 光弘
 旭岡 叡峻
 鈴木 薫
 安部 忠彦 

【目次】
ゲームチェンジはここから始まる
Ⅰ.東京創研が予測する未来社会の構図
 1.未来予測をどう活用するのか
 2.基調となる未来潮流2016/2026
 3.日本の課題と未来選択
 4.ベーストレンド
 5.マクロトレンド
 6.ビジネストレンド
Ⅱ.注目すべきトレンド
 1.地球環境・資源・水・食料
 2.人口分布・長寿命化
 3.国・地域のポジション
 4.投資・資産・技術
Ⅲ.技術予測・市場予測・日本企業
 1.技術予測(技術実装年予測、社会実装年予測、実現確度評価)
 2.有望市場2016/2030(市場規模推移・予測、業界動向・技術動向、日本のポジション、変化要因とシナリオ)
 3.日本企業の収益の変容(売上高・経常利益・自己資本比率のポートフォリオ)

お申込み、お問い合わせはこちらからお願いします。
お申込みはこちら

未来予測をベースとしたカスタム調査も行っております



未来予測2013/2023

CEO

【発行日】2013年5月20日
【体裁】A4横版410頁 全カラー
【本書の主な論点】
 ■自由貿易圏の広がりは何をもたらすのか
 ■世界・日本のポジションはどう変化しているのか
 ■資源制約はどう克服されるのか
 ■未来技術はビジネスをどう変えるのか
 ■未来の日本に立地できる産業・ビジネスは何か
 ■マネー経済はビジネスにどう影響するのか
 ■民意形成過程の変化はどう社会を変えるのか


     

消費者未来予測2012/2017

CEO

【発行日】2012年4月8日
【体裁】A4横版324頁 全カラー
【本書の主な論点】
 ■ライフステージの伸長に伴い消費需要のターゲット層は
  どう変貌するのか
 ■収入減少下の消費力格差拡大により、各々の消費者層は
  どのような消費行動をとるのか
 ■現状に満足する一方で将来不安が増大することがどう
  生活スタイルに影響を与えるのか
 ■デフレ下に育ち経済成長を知らない世代の消費はどこに
  むかっているのか
 ■個人個人が自分に合った消費をする傾向(孤消費)はどこまで
  進行するのか
 ■情報技術の進歩で広告・販売・購買行動はどう変化しているのか
     

未来予測2011/2021

CEO

【発行日】2011年7月12日
【体裁】A4横版444頁 全カラー
【本書の主な論点】
 ■世界経済のパワーバランスの変化は何をもたらすのか
 ■ホットポイント(市場)はどこに生まれ、何を求めるのか
 ■世界のリスクはどこに生じる可能性があるのか
 ■日本社会は何を選択するのか
 ■日本の産業・消費・地方はどう変貌するのか
 ■東日本大震災は何を変えるのか




未来予測2009/2019

CEO

【発行日】2009年4月15日
【体裁】A4横版481頁 全カラー
【本書の主な論点】
 ■大不況の規模と期間、構造的に失われる需要は
 ■世界の基礎需要の変化によって起こる市場の移動は
 ■環境・資源等の制約条件は何を変えるか
 ■2009/2019の有望ビジネスは何か
 ■ロングライフ化する日本社会はどう変化するのか
 ■日本の主要産業はどう変容していくのか
 ■地方の衰退と再生、都市の進化はどう進むのか
   

食品産業未来予測2007/2017

未来予測2006/2016

バナースペース

株式会社東京創研

〒104-0061
東京都中央区銀座1-24-1
銀一パークビル6階

TEL 03-5250-9271

seminar.htmlへのリンク